月間アーカイブ「2014年4月」の記事を表示中

ソーラーワールド社工場視察

 4月2日から4月7日までの間ドイツまで出張してまいりました。
 ソーラーワールド社の工場視察と再生可能エネルギーのメッカとも云える「ドイツ」を肌で感じるべく遠いヨーロッパまで海を渡りました。

http://www.solarworld.jp/

 まさかのドイツでは、メイン航空会社であるルフトハンザ航空のストライキに見舞われてしまい、ドイツでは国内便全て欠航となり全ての移動を電車でという過酷な移動旅行となってしまいました。


ミュンヘン駅

≪ ミュンヘン駅 ≫

 ドイツの風景を電車で見ながら長い旅路の移動を終え、ソーラーワールド社に到着することができました。写真は、ソーラーワールド社前の大型看板と会社前での当社社長


ソーラーワールド社-1

≪ ソーラーワールド社-1 ≫


ソーラーワールド社-2

≪ ソーラーワールド社-2 ≫

 ソーラーワールド社内です。ここは、カンファレンスルームですが同じ建物内に太陽光パネルの製造ラインがあり、高度な技術・設備が整った工場を見学することができました。この他にも研究施設や別の工場も見学させて頂きました。写真は、工場内記念にと当社社長の一枚です。


ソーラーワールド社内

≪ ソーラーワールド社内 ≫

 工場見学も終わり、また長い旅路を電車で移動し、ミュンヘン駅まで向かいます。当然ですが、ほぼ同じ道での復路であるため、さほど感動はなく、、でも、ドイツの風景を再度目に焼き付けました。当社社長も移動に疲れ気味でした。


フライベルグ駅

≪ フライベルグ駅 ≫

 ドイツの再生可能エネルギーの普及状況を自分の目で確かめるため、車を借りて移動し色々と見てきました。太陽光発電をはじめ、風力発電、バイオガス発電が多く目につきました。さすがに歴史的な建物の上には太陽光パネルは設置されておりませんでしたが、かなりの確率で民間住宅の屋根には太陽光パネルが設置されていました。


ドイツの風景

≪ ドイツの風景 ≫

 ドイツでは約10年前にFIT(固定価格買取制度)が始まったため、10年前から稼働している発電所はないかと古い発電所を探していたところ、この発電所を発見しました。バックシートが黄色く変色していることから、大分昔に設置したものと思われます。


ドイツの太陽光

≪ ドイツの太陽光 ≫